コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚粕 ぎょかす

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

魚粕(ぎょかす)
ぎょかす

多獲性の魚類であるサンマ、イワシなどを原料として、煮熟あるいは蒸煮、圧搾、乾燥の工程でつくる製品。魚粕(ぎょはく)ともいう。全魚体を原料としたものを身粕(みかす)、頭や中骨、ひれなどを原料としたものを荒粕(あらかす)という。フィッシュミールが大型プラントにより生産されるのに対し、魚粕は小規模工場で生産されるものが多い。粉砕を行わないで製品とするので原料魚の原形が残っており、飼料に配合する際に粉砕されることが多い。[望月 篤]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

魚粕の関連キーワード肥料

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android