魚粕(読み)ぎょかす

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

魚粕(ぎょかす)
ぎょかす

多獲性の魚類であるサンマ、イワシなどを原料として、煮熟あるいは蒸煮、圧搾、乾燥の工程でつくる製品。魚粕(ぎょはく)ともいう。全魚体を原料としたものを身粕(みかす)、頭や中骨、ひれなどを原料としたものを荒粕(あらかす)という。フィッシュミールが大型プラントにより生産されるのに対し、魚粕は小規模工場で生産されるものが多い。粉砕を行わないで製品とするので原料魚の原形が残っており、飼料に配合する際に粉砕されることが多い。[望月 篤]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android