コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魯班 ろはんLǔ Bān

世界大百科事典 第2版の解説

ろはん【魯班 Lǔ Bān】

古代中国の著名な工匠。魯般とも書く。姓は公輸(こうしゆ),名は般。春秋時代魯国の人で,奇巧器具を制作して名高かったと伝える。公輸子ともいい,魯の哀公(前494‐前468)の時代の人で,魯の昭公の子ともいわれるが定かでなく,また一説には魯班と公輸は別人ともいう。《墨子》に公輸の一編があり,公輸般が楚国のために〈雲梯(うんてい)〉と呼ばれる高く長い攻城の器具を作り宋を攻めようとしたことが記される。また同書の魯問篇に,竹木を削って((かささぎ),あるいは鳶(とび)ともいう)を作り,飛ばすと3日間も落ちることがなかったという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

魯班の関連キーワード高畠東陵かね尺

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android