高名(読み)こうみょう

精選版 日本国語大辞典「高名」の解説

こう‐みょう カウミャウ【高名】

〘名〙 (「みょう」は「名」の呉音)
① 高貴な名前。
※万葉(8C後)六・一〇〇九・左注「辞皇族之高名外家之橘姓已訖」
② (形動) 名声が高いこと。有名なこと。また、そのさまや、その名。こうめい。
※枕(10C終)一〇三「これやこのかう名のゑぬたき」
※若木集(1377頃)和遠蔵主寄韻「南来万里到中国、久聞高名相識
③ (━する) てがらをたてること。武功をたてること。また、そのてがら。功名
※康頼宝物集(1179頃)上「桂川渡りに高名する」
※浮世草子・武家義理物語(1688)四「過にし関ヶ原陣に高名(カウミャウ)其隠れなき何の守とかやの孫娘」
[語誌](1)漢語の原義は、高い名声、すなわち、立派だ、あるいは優れているという世間的評価の意であり、挙例の「枕草子」をはじめとして、平安末期までは、その意味の用例がほとんどである。
(2)鎌倉初期から、特に軍記物語において、③の意味用法が派生し、以後、この意味の用例が圧倒的に多くなる。
(3)もと、「高名」の字音についてはカウミョウ、カウメイの二通りの読み方があったが、別にコウメイと読まれた「功名」があって、コウ、カウの区別が乱れた室町末期に至ると、意味的近似から混同する例が現われ、江戸時代には、ミョウ、メイの弁別意識も薄れて混同が進み、明治以降は、手柄の意の「コウミョウ」を、専ら「功名」と表記するようになった。→「こうみょう(功名)」の語誌

こう‐めい カウ‥【高名】

〘名〙 (「めい」は「名」の慣用音)
① (形動) =こうみょう(高名)
平家(13C前)六「信濃に有し木曾路河とうたはれけるぞ、時にとっての高名(カウメイ)(高良本ルビ)なる」
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)後「高名(カウメイ)書画の花押にくはしく」 〔韓非子‐十過〕
② 相手を敬って、その名前をいう語。お名前。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)五「『わっちゃア、十返舎一九と申やす』『ハハア御高名(カウメイ)うけたまはりおよびました、十返舎先生でござりますか』」
[語誌]→「こうみょう(高名)」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「高名」の解説

こう‐めい〔カウ‐〕【高名】

[名・形動]
高い評価を受け、広く一般の人々に名前を知られていること。また、そのさま。こうみょう。「高名な作家」
相手を敬って、その名をいう語。「御高名はかねがね承っております」
有名[用法]
[類語](1美名名声名聞盛名英名令名栄冠栄光栄誉光栄名誉誉れ光輝栄名声誉勇名雷名威名英名佳名驍名嬌名好評有名知名著名名高い名うて名代名前評判名立たる名が売れる顔が売れる音に聞く世に出る世に聞こえる知名度名が有る名が通る名をはせる名を残す名を成す顔が立つ面目を施す一花咲かせる錦を飾る名をあげる名を売る名を得る名を立てる名を遂げる/(2芳名尊名貴名

こう‐みょう〔カウミヤウ〕【高名】

[名・形動]
こうめい(高名)1」に同じ。
手柄を立てること。特に、戦場での手柄。武功。功名。
「この人一期の―とおぼえし事は」〈平家・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「高名」の解説

こうみょう【高名】

戦場において忠功をつくし武名をはせること。功名ともいう。これを記録した帳簿高名帳といった。一般に,敵の首級とともに,その所持品,などの武具を戦利の証拠として奪うことを分捕(ぶんどり)高名といった。分捕高名の語は《平家物語》にもすでに散見する。高名には報酬がともなうが,それは手柄の大小によりさまざまであった。すなわち,所領の給与をはじめ武器衣類あるいは黄金砂金なども与えられ,時として姓名を付与する場合や,軍功を録しこれを賞する感状(かんじよう)が下賜されることもあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android