鮎瀬実光(読み)あゆがせ さねみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鮎瀬実光 あゆがせ-さねみつ

?-? 戦国時代の武将。
下野(しもつけ)(栃木県)伊王野氏の家臣。天文(てんぶん)18年(1549)那須高資(たかすけ)と宇都宮尚綱との戦いで,伊王野氏は那須氏を応援。実光は喜連川(きつれがわ)五月女坂で尚綱を討ちとり,のちここに尚綱の供養碑をたてたので,人は実光の通称にちなんで弥五郎坂とよんだ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android