コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那須氏 なすうじ

世界大百科事典 第2版の解説

なすうじ【那須氏】

下野国那須郡を本拠とした中世武家。那須国造の子孫とも,藤原氏の系譜を引くものともいわれているが,詳細は不明である。治承・寿永の内乱においては源氏に味方をした。源義経軍に加わり,屋島の戦で活躍した那須与一は著名である。鎌倉時代以降,烏山の那須氏を宗家として,芦野氏,福原氏,千本氏などを分出し,党的結合をもって活動した。室町時代には足利氏に仕えたが,戦国争乱期には烏山城に拠って,那須郡,塩谷郡など下野東北部を支配下におさめ,支族福原氏と協力して近隣諸士の侵攻を防いだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の那須氏の言及

【烏山[町]】より

…城は酒主村の西方台地にあり,那珂川を眼下に望む要害の地である。この城は那須氏によって伝領支配されてきたが,1590年(天正18)豊臣秀吉による関東制圧のとき,城主那須資晴は追放され,以後,成田,松下,堀,板倉,那須,永井,稲垣と激しい城主交替を続けたが,1725年(享保10)大久保氏が2万石(のち3万石)で入封し廃藩置県に至った。そのなかで1672年(寛文12)に就封した板倉氏の治世期間は9ヵ年にすぎなかったが,給人地方知行制の廃止や寺院,町人屋敷を郭外に移す区画整理を断行した。…

【下野国】より

…一方,上杉氏は守護国上野,武蔵などの一揆勢力を基盤とし,おおむね利根川をはさんで対峙した。成氏方には小山持政,那須資持(下那須),宇都宮明綱,茂木持知ら,上杉方には宇都宮等綱,那須氏資(上那須),茂木知行らが味方した。幕府は58年(長禄2)反成氏戦線の最終的権威づけとして,足利政知を伊豆に下した。…

※「那須氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

那須氏の関連キーワード城(軍事的構築物)那須烏山(市)結城直朝(2)烏山手すき和紙那須神田城跡宇都宮忠綱栃木(県)宇都宮国綱田野辺重之結城義親佐竹義重大田原藩大田原城那須資胤鮎瀬実光結城晴朝那須烏山伊王野城交替寄合結城顕頼

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

那須氏の関連情報