コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜連川 きつれがわ

2件 の用語解説(喜連川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喜連川
きつれがわ

栃木県中東部,さくら市北東部の旧町域。喜連川丘陵の中部にある。 1889年町制。 1955年上江川村と合体。 2005年氏家町と合体してさくら市となった。中心地区の喜連川那珂川の支流荒川の低い段丘上に位置する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喜連川
きつれがわ

栃木県中央部から北西部、塩谷(しおや)郡にあった旧町名(喜連川町(まち))。現在はさくら市の北東部を占める一地区。旧喜連川町は、1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)上江川(かみえがわ)村と合併。2005年(平成17)氏家(うじいえ)町と合併し、市制施行してさくら市となる。中心集落の喜連川は、1590年(天正18)より喜連川氏(足利(あしかが)氏)の、近世には喜連川藩(5000石。10万石格)の陣屋町として、また奥州街道の宿場町として発展してきた。しかし明治以後は、1889年に1宿4か村を合して町制を敷いたものの、東北本線から外れたため、商工業の発展は遅れてしまった。国道293号が通じる。おもな産業は農業で、荒川、江川が塩那(えんな)丘陵を刻む谷沿いの水田農業と、丘陵部での畑作を組み合わせた経営が主であり、集落は丘陵斜面と谷底との接触線に立地するものが多い。近年、鷲宿(わしじゅく)に喜連川工業団地が造成された。街には往時をしのばせる武家屋敷や寺院などが残る。[櫻井明久]
『片庭壬子夫著『喜連川郷土史 前・後編』(1955・喜連川町) ▽『喜連川町史』全7巻(2001~ ・喜連川町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

喜連川の関連キーワード栃木県さくら市上野栃木県さくら市小入栃木県さくら市金枝栃木県さくら市上阿久津栃木県さくら市北草川栃木県さくら市桜ヶ丘栃木県さくら市櫻野栃木県さくら市狹間田栃木県さくら市馬場栃木県さくら市穂積

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

喜連川の関連情報