コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜連川 きつれがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喜連川
きつれがわ

栃木県中東部,さくら市北東部の旧町域。喜連川丘陵の中部にある。 1889年町制。 1955年上江川村と合体。 2005年氏家町と合体してさくら市となった。中心地区の喜連川は那珂川の支流荒川の低い段丘上に位置する。文禄年間 (1592~96) から喜連川氏の城下町,近世には奥州街道の宿場町として発展。明治以降東北本線からはずれて衰退したが,近年内川沿いの鷲宿に喜連川工業団地が造成された。食品,繊維工業が行なわれる。周辺は農業地帯で,耕地の大部分を水田が占める。タバコ,野菜も栽培される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喜連川
きつれがわ

栃木県中央部から北西部、塩谷(しおや)郡にあった旧町名(喜連川町(まち))。現在はさくら市の北東部を占める一地区。旧喜連川町は、1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)上江川(かみえがわ)村と合併。2005年(平成17)氏家(うじいえ)町と合併し、市制施行してさくら市となる。中心集落の喜連川は、1590年(天正18)より喜連川氏(足利(あしかが)氏)の、近世には喜連川藩(5000石。10万石格)の陣屋町として、また奥州街道の宿場町として発展してきた。しかし明治以後は、1889年に1宿4か村を合して町制を敷いたものの、東北本線から外れたため、商工業の発展は遅れてしまった。国道293号が通じる。おもな産業は農業で、荒川、江川が塩那(えんな)丘陵を刻む谷沿いの水田農業と、丘陵部での畑作を組み合わせた経営が主であり、集落は丘陵斜面と谷底との接触線に立地するものが多い。近年、鷲宿(わしじゅく)に喜連川工業団地が造成された。街には往時をしのばせる武家屋敷や寺院などが残る。[櫻井明久]
『片庭壬子夫著『喜連川郷土史 前・後編』(1955・喜連川町) ▽『喜連川町史』全7巻(2001~ ・喜連川町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

喜連川の関連キーワード栃木県さくら市喜連川旅の宿 美肌の湯栃木県さくら市喜連川温泉なすさくら(市)南那須[町]喜連川頼純女喜連川[町]カセツリースPFI刑務所島津 フミヨさくら[市]喜連川縄氏高塩 背山喜連川頼氏宇都宮尚綱小川[町]喜連川国朝喜連川氏春喜連川茂氏

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

喜連川の関連情報