コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鯉江方救 こいえ ほうきゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鯉江方救 こいえ-ほうきゅう

1792-1866 江戸時代後期の陶工。
寛政4年生まれ。文化(1804-18)のころ尾張(おわり)(愛知県)常滑(とこなめ)焼の従来の鉄砲窯を改良し,真焼(まやけ)窯といわれる連房式登り窯を考案。天保(てんぽう)5年子の方寿(ほうじゅ)が完成させた。慶応2年死去。75歳。尾張出身。名は小三郎(2代)。通称は左右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鯉江方救の関連キーワード鯉江方寿杉江寿門陶工

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android