コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鯨史稿 ゲイシコウ

デジタル大辞泉の解説

げいしこう〔ゲイシカウ〕【鯨史稿】

江戸後期の動物学書。6巻。大槻平泉(清準)著。文化・文政年間(1804~1830)ごろ成立。鯨の名義・種類や、捕鯨業の実情などを論じたもの。図解も多く、記述は具体的である。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

げいしこう【鯨史稿】

クジラに関する書。六巻。大槻平泉(清準)著。文化・文政年間(1804~1830)の成立とされる。名称・種類・図解から捕鯨の実際、鯨肉の販売をも論ずる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鯨史稿の関連キーワード大槻清準クジラ名称鯨肉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android