鰯・鰮(読み)いわし

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ニシン科の海魚、マイワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシなどの総称。《季・秋》
※平城宮址出土木簡(756頃)「青郷御贄伊和志腊五升」
② マイワシ。全長三〇センチメートルに達する。背は暗青色で、他は銀白色。体側には円い黒斑が数個一列または二列に並ぶ。大きさにより大羽、中羽、小羽と区別する。各地の沿岸に多量に生息し、産業上重要な魚の一つだが、その漁獲量は年による豊凶がはなはだしい。塩焼きや煮付けなどにするほか、丸干し、目刺し、缶詰などに加工する。
③ 切れない刀。鈍刀。赤鰯。
※浄瑠璃・義経千本桜(1747)三「此鰯(イワシ)で切るか、此目でおどすか、前髪を一筋づつ抜くぞよ」
[補注]「新撰字鏡」の享和本では「 伊和志」、天治本では「 伊波志」とあって仮名づかいが違っている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android