一筋(読み)ヒトスジ

デジタル大辞泉 「一筋」の意味・読み・例文・類語

ひと‐すじ〔‐すぢ〕【一筋/一条】

[名]
細長い物の1本。一条。「―の髪の毛」「―伝わる涙」
一門一族
「多くはただこの九条殿の御―なり」〈大鏡師輔
[形動][文][ナリ]
ただ一つのことに心を傾けるさま。「芸―に生きる」
普通の程度であるさま。ひとかた。並大抵。
「鵜舟さす夜河のた縄うちはへて―ならずものぞ悲しき」〈新千載・雑上〉
[類語]いちずひたすらひたむきただただただ専一ひとえに一心一念一路一散一目散一直線一本槍一点張り一辺倒一意専心営営せっせ遮二無二無二無三がむしゃら一心不乱脇目も振らずまっしぐらしゃかりきしゃにむに無心粉骨砕身無我夢中熱中夢中直線的専心専念没入没頭没我傾注傾倒猪突猛進ストレート我を忘れるこんを詰める身を入れる身を砕く心血を注ぐ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android