コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鱗状荷重痕 うろこじょうかじゅうこんsquamiform load cast

岩石学辞典の解説

鱗状荷重痕

縦凹地および稜(longitudinal furrow and ridges)のキャストの一種で,構造の伸び方向は比較的小さいか欠除するもの[Haaf : 1959, Dzulynski & Walton : 1965].荷重痕は泥質堆積物の上に砂層が乗るときに,差別的な荷重によって生じるソール・マーク.squamiformは鱗状,鱗形の意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

鱗状荷重痕の関連キーワードLMROPLL後縦靭帯骨化症水平磁気記録面内磁気記録シンドロマス荷重痕泥砂キャストニ番横谷横波

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android