コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鱗形(読み)ウロコガタ

デジタル大辞泉の解説

うろこ‐がた【×鱗形】

三角形を、うろこが重なり並んだような形に配列した文様。能楽では特に鬼女の衣装に用いる。
紋所の名。三角形と逆三角形または円形を組み合わせたもの。
[補説]曲名別項。→鱗形

うろこがた【鱗形】[謡曲]

謡曲。脇能物喜多流北条時政が、の紋を定めるため江の島弁才天に参籠(さんろう)すると、弁才天が三つ鱗(うろこ)の旗を授ける。

りん‐けい【×鱗形】

鱗(うろこ)のような形。うろこがた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うろこがた【鱗形】

模様の名。三角形、またはその連続模様。能では鬼女などの装束の模様に用いる。うろこ。

りんけい【鱗形】

うろこに似た形。うろこがた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android