コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鱗形 ウロコガタ

デジタル大辞泉の解説

うろこ‐がた【×鱗形】

三角形を、うろこが重なり並んだような形に配列した文様。能楽では特に鬼女の衣装に用いる。
紋所の名。三角形と逆三角形または円形を組み合わせたもの。
[補説]曲名別項。→鱗形

うろこがた【鱗形】[謡曲]

謡曲。脇能物喜多流北条時政が、の紋を定めるため江の島弁才天に参籠(さんろう)すると、弁才天が三つ鱗(うろこ)の旗を授ける。

りん‐けい【×鱗形】

鱗(うろこ)のような形。うろこがた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うろこがた【鱗形】

模様の名。三角形、またはその連続模様。能では鬼女などの装束の模様に用いる。うろこ。

りんけい【鱗形】

うろこに似た形。うろこがた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鱗形の関連キーワード西村屋与八(2代)長瀬産業[株]能現行曲一覧鱗形屋孫兵衛蔦屋重三郎鱗状荷重痕江都二色長瀬産業地本問屋三角形草子紙三つ鱗未生流金平本山村座永寿堂針屋裂針葉樹謡曲扶壁

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android