鳥の子色(読み)とりのこいろ

色名がわかる辞典の解説

色名の一つ。鳥の子というと雛ひな鳥と誤解されがちだが、卵の殻の色に似た淡い黄色の伝統色名。とくに鶏卵をさすとされる。江戸期以前から使われている色名で、布地の染色だけではなく、紙の染色にも用いた。英名は卵殻の意味そのままにエッグシェル(eggshell)という。「たまご」といった場合は鶏卵黄身の色をさす。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥の子色の関連情報