コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥の子色 とりのこいろ

色名がわかる辞典の解説

とりのこいろ【鳥の子色】

色名の一つ。鳥の子というと雛ひな鳥と誤解されがちだが、卵の殻の色に似た淡い黄色の伝統色名。とくに鶏卵をさすとされる。江戸期以前から使われている色名で、布地の染色だけではなく、紙の染色にも用いた。英名は卵殻の意味そのままにエッグシェル(eggshell)という。「たまご」といった場合は鶏卵の黄身の色をさす。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とりのこ‐いろ【鳥の子色】

鶏卵の殻のような色。淡黄色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とりのこいろ【鳥の子色】

鶏卵の殻のような色。灰色みの淡黄色がかった白色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鳥の子色の関連キーワード卵色白色英名卵殻染色色名