コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥占 トリウラ

デジタル大辞泉の解説

とり‐うら【鳥占】

卜占(ぼくせん)の一。鳥の鳴き声、止まった枝の方向、飛ぶ方角などで吉凶を占った。また、正月に小鳥の腹を裂いて、穀物が胃の中にあるかどうかで年占(としうら)をしたともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とりうら【鳥占】

年占としうらの一。年頭に山に入り、捕らえた鳥の腹中の穀物の有無で吉凶を占う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鳥占の関連キーワードエトルリア美術コレギウムポメリウムカヤン族ロムルスクブ族ダヤク卜占ヌマ占い年頭腹中鳥卜有無

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android