(読み)とり

日本大百科全書(ニッポニカ)「鳥」の解説


とり

鳥類のことで、とくにニワトリ、キジをさす場合もある。日本文学においては、花鳥とか花鳥風月とかいわれるように、日本の自然美を形成する景物の一つであり、「花鳥の色をも音(ね)をもいたづらにもの憂(う)かる身は過ぐすのみなり」(『後撰(ごせん)集』夏・藤原雅正(まさただ))などと詠まれている。文学作品にも早くから登場し、『万葉集』には、鵜(う)、鶯(うぐひす)、鶉(うづら)、鴨(かも)、鴎(かまめ)、烏(からす)、雁(かり)、雉(きぎし)、鷺(さぎ)、鴫(しぎ)、鷹(たか)、千鳥(ちどり)、燕(つばめ)、鶴(たづ)、鶏(いへつとり、かけ、にはつとり)、鳰(にほどり)、雀(ひばり)、時鳥(ほととぎす)、都鳥(みやこどり)、百舌鳥(もず)、山鳥(やまどり)、呼子鳥(よぶこどり)、鷲(わし)、鴛鴦(をしどり)などの名がみえ、ほかにも水鳥が多い。『古今集』になると、種類も淘汰(とうた)され、鶯、鶉、鴨、雁、雉(きじ)、鴫、鶴、千鳥、鳰、時鳥、都鳥、鶏(ゆふつけどり)、鴛鴦と古今伝授(こきんでんじゅ)の「三鳥」の稲負鳥(いなおほせどり)、百ち鳥(ももちどり)、呼子鳥に尽くされる。山野にもいるが、水辺にいるという印象が強く、「芦鴨(あしがも)」「芦鶴(あしたづ)」「浜千鳥」などという形でよく用いられる。鶯、時鳥、雁がとりわけ多くみられ、『源氏物語』でもいずれも10例以上用いられ、季題としても継承されていく。『枕草子(まくらのそうし)』の「鳥は」の段では、鸚鵡(おうむ)、山鳥、鶴、鷺、鴛鴦、千鳥、鶯、時鳥などについて具体的に述べており、雁がないのが目だつが、巻頭で「まいて、雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし」といっているから、無視しているわけではない。平安中期ごろから、鳴き声が戸をたたく音に似ているといわれる水鶏(くひな)も加わる。卵は「かひ」「こ」「かひこ」などとよばれ、かえらないものを「すもり」「すもりご」などといい、和歌や物語、日記などに、しばしばみられる。また、神の使いにもなり、八幡宮(はちまんぐう)の鳩(はと)、熊野神社の烏などはよく知られる。

[小町谷照彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「鳥」の解説


とり
Ornithes

ギリシアアリストファネス喜劇。前 414年の大ディオニュシア祭で上演。2人のアテネ人ピステタイロスとエウエルピデスが現世愛想をつかして鳥の世界を訪れ,すべての鳥を集め,空中に城壁を築いて鳥の王国を建設し,犠牲が天に上るのを妨げたり地中の種を食い尽すことによって,神々と人間の双方を困らせる。鳥王国の人気は上昇し,すべての人間が鳥になることを願望する。ついにピステタイロスはゼウスの娘バシレイアを妻に迎えて,天上天下を支配することになる。作者はここで,アテネの政治問題から離れて,空想の世界に遊んでいる。


とり

鳥類」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「鳥」の解説

ちょう【鳥】[漢字項目]

[音]チョウ(テウ)(呉)(漢) [訓]とり
学習漢字]2年
チョウ〉とり。「鳥獣鳥類益鳥花鳥窮鳥禽鳥きんちょう禁鳥候鳥白鳥飛鳥ひちょう放鳥野鳥
〈とり(どり)〉「鳥居鳥肌小鳥水鳥椋鳥むくどり
[難読]飛鳥あすか善知鳥うとう啄木鳥きつつき鳥渡ちょっと玄鳥つばくらめ鳥座とぐら鳥屋とや時鳥ほととぎす霍公鳥ほととぎす

とり【鳥】[曲名]

原題、〈ドイツVogelハイドン弦楽四重奏曲第39番ハ長調通称。1781年作曲。ロシア四重奏曲の第3番。通称は、第1楽章に鳥のさえずりに似た旋律が用いられていることに由来する。

と【鳥】

[語素]名詞の上に付いて、鳥のを表す。「さか(鶏冠)」「

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「鳥」の解説

①英国の作家ダフネ・デュ・モーリアの短編小説。原題《The Birds》。
②①を原作とした1963年製作のアメリカ映画。原題《The Birds》。監督:アルフレッド・ヒッチコック、出演:ティッピー・ヘドレン、ロッド・テーラー、ジェシカ・タンディほか。生物パニック映画の草分け的作品。

オーストリアの作曲家ヨーゼフ・ハイドンの弦楽四重奏曲第39番(1781)。原題《Vogel》。ロシア四重奏曲の第3番。名称は鳥のさえずりに似たモチーフが用いられていることに由来する。

イタリアの作曲家オットリーノ・レスピーギの管弦楽用組曲(1927)。原題《Gli uccelli》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典「鳥」の解説

と【鳥】

〘語素〙 名詞の上に付いて、とり(鳥)の意を表わす。「とがり(鳥狩)」「とぐら(鳥栖)」「とや(鳥屋)」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「鳥」の解説

とり【鳥】

鳥類一般の総称。〈とり〉の語源は〈飛ぶ〉と関係があるという説がある。人間に身近な存在であって,しかも空を飛ぶことができるという特性をもつものとして,原始時代から現代にいたるまで,世界各地で鳥に対してさまざまな心意が寄せられてきた。以下では,人々が鳥に対してもっていた観念を中心に概観する。なお,鳥類についての動物学的解説については,〈鳥類(ちようるい)〉の項目を参照されたい。
[象徴,伝承]
 飛ぶ鳥は大気や風の象徴であり,チョウやホタルとともに霊魂の似姿とされる。

とり【鳥】

雅楽の管絃の曲名。双調に破と急,黄鐘(おうしき)調に急がある。いずれも壱越(いちこつ)調からの渡物(わたしもの)で,原曲は《迦陵頻(かりようびん)》。双調の〈破〉は延八拍子,拍子20の中曲,〈急〉は早八拍子,拍子8の小曲,黄鐘調の〈急〉も早八拍子,拍子8の小曲。迦陵頻【加納 マリ】

とり【鳥 Ornithes】

前414年に上演されたアリストファネス作の喜劇。アテナイ人主人公が,鳥たちをそそのかして雲の中に鳥の国を創らせ,神々に向かって昇ってゆく犠牲の煙を途中で差し押さえさせて,ついに兵糧攻めに参った神々が鳥たちに休戦条約を申し出るという筋立て。この喜劇の背景には,ペロポネソス戦争戦争のもたらす悲惨に苦しむ市民たちの姿があり,この作品はかかる現実と対峙する喜劇的想像力が生んだファンタジーである。人間社会の風俗習慣に対する作者の皮肉の痛烈さで知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【鳥類】より

…脊椎動物門鳥綱Avesに属する動物の総称。飛翔(ひしよう)生活にもっとも適応した脊椎動物で,基本的な体制は爬虫類と共通な点が多いが,両者は一見して区別することができる。…

※「鳥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android