鳥居与七郎妻(読み)とりい よしちろうの つま

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「鳥居与七郎妻」の解説

鳥居与七郎妻 とりい-よしちろうの-つま

?-1573 戦国-織豊時代の女性。
越前(えちぜん)(福井県)朝倉義景(よしかげ)の家臣河合吉統(よしつな)の娘。天正(てんしょう)元年織田信長との戦い与七郎が戦死し,自分も織田軍に捕らえられたが,「にふればよしなきぞおほふらんいざいりてまし山のの月」のをのこして同年8月井戸に身をなげた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android