鳥居与七郎妻(読み)とりい よしちろうの つま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居与七郎妻 とりい-よしちろうの-つま

?-1573 戦国-織豊時代の女性。
越前(えちぜん)(福井県)朝倉義景(よしかげ)の家臣河合吉統(よしつな)の娘。天正(てんしょう)元年織田信長との戦いで父や夫の与七郎が戦死し,自分も織田軍に捕らえられたが,「世にふればよしなき雲ぞおほふらんいざいりてまし山の端の月」の歌をのこして同年8月井戸に身をなげた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android