コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居氏 とりいうじ

世界大百科事典 第2版の解説

とりいうじ【鳥居氏】

近世大名。譜代。三河国渡里(わたり)(渡)に住し,忠吉のとき徳川家康の祖父松清康に仕えた。その子鳥居元忠は家康の旗本の部将として諸合戦に軍功があり,関ヶ原の戦のとき伏見城を守り戦死。その子鳥居忠政は山形22万石の大名となるが,嫡子忠恒の代に改易となった。しかし忠恒の弟忠春に信濃国高遠城3万2000石が与えられ,その孫忠英(ただてる)のとき3度の移封をへて1712年(正徳2)下野国壬生城3万石に定着。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

鳥居氏の関連キーワード平(福島県)山形城跡岩ヶ崎城嘉助騒動藩学一覧高遠城跡寒河江城毛利高標近世大名山形藩水口城谷村城上山藩延沢城壬生町壬生藩高遠藩平藩壬生

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥居氏の関連情報