コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居清政 とりい きよまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居清政 とりい-きよまさ

1776-1817 江戸時代中期-後期の浮世絵師。
安永5年生まれ。鳥居清長の長男。美人画にすぐれたが,20歳のとき父に画業をとめられた。鳥居派宗家3代清満の死後,その孫の鳥居清峰が成長するまで宗家4代をつぐことになった父が,画系継承上の争いが生じるのをおそれたためである。文化14年11月4日死去。42歳。作品に「江戸紫娘道成寺」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鳥居清政の関連キーワードアメリカ史チュルゴー蕪村ゴローブニン上田秋成ゴローニングアテマラトロピーニンアトウッドアメリカ独立宣言

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android