コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥橋斎栄里 ちょうきょうさいえいり

2件 の用語解説(鳥橋斎栄里の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥橋斎栄里
ちょうきょうさいえいり

江戸時代後期の浮世絵師。伝記未詳。細田栄之の門人。号は鳥橋斎,し鳩斎 (しきゅうさい) 。のちに礫川亭永理と改名。大首絵,美人画を得意とした。主要作品『江戸花京橋名取山東京伝像』 (東京国立博物館) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥橋斎栄里 ちょうきょうさい-えいり

?-? 江戸時代後期の浮世絵師。
細田栄之(えいし)の門人。寛政6-8年(1794-96)ごろに「山東京伝」「富本豊前掾(ぶぜんのじょう)」などの肖像画,「三ケ之津草嫁美人合」などの美人画をかいた。別号に鳲鳩斎(しきゅうさい),礫川亭(れきせんてい)永理。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鳥橋斎栄里の関連キーワード文康一楽亭栄水葛飾北目桜川文橋清谷高尾蕉鹿等舟斗雷春川栄山文浪

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone