コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥橋斎栄里 ちょうきょうさいえいり

2件 の用語解説(鳥橋斎栄里の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥橋斎栄里
ちょうきょうさいえいり

江戸時代後期の浮世絵師。伝記未詳。細田栄之の門人。号は鳥橋斎,し鳩斎 (しきゅうさい) 。のちに礫川亭永理と改名。大首絵,美人画を得意とした。主要作品『江戸花京橋名取山東京伝像』 (東京国立博物館) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥橋斎栄里 ちょうきょうさい-えいり

?-? 江戸時代後期の浮世絵師。
細田栄之(えいし)の門人。寛政6-8年(1794-96)ごろに「山東京伝」「富本豊前掾(ぶぜんのじょう)」などの肖像画,「三ケ之津草嫁美人合」などの美人画をかいた。別号に鳲鳩斎(しきゅうさい),礫川亭(れきせんてい)永理。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone