コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大首絵 おおくびえ

5件 の用語解説(大首絵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大首絵
おおくびえ

浮世絵のうち,美人や役者の上半身や顔を大きく描写した絵。人物表現の極致として現れ,東洲斎写楽喜多川歌麿など中期浮世絵師の作品に多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおくび‐え〔おほくびヱ〕【大首絵】

浮世絵版画の一形式。人物の上半身を大きく、その表情を特に強調して描いたもの。写楽の役者絵、歌麿の美人画などが有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大首絵【おおくびえ】

半身像または顔を主に描いた浮世絵。顔だけのものは大顔絵ともいう。局限された描写対象の中に,理想の女性美や俳優の性格描写が追求された。歌麿写楽の出た寛政初頭(1800年ころ)が全盛時代。
→関連項目喜多川歌麿雲母摺東洲斎写楽

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

おおくびえ【大首絵】

浮世絵版画の一形式。役者・美人などの上半身を描いたもの。 → 大顔絵

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大首絵
おおくびえ

浮世絵の用語。美人や役者などの人物を胸像の構図で描いた作品。とくに顔面だけを大きく描いたものを区別して、大顔絵(おおがおえ)とよぶ説もある。その初期は、錦絵(にしきえ)が完成される以前の享保(きょうほう)年間(1716~36)ごろとされるが、作例はきわめて少ない。多くみられるようになるのは安永(あんえい)年間(1772~81)ごろからで、浮世絵終焉(しゅうえん)期の明治年代に至るまで多くの絵師によって描かれた。そのなかでも、役者絵では、勝川春草(かつかわしゅんそう)をはじめとする勝川派の絵師や東洲斎写楽(とうしゅうさいしゃらく)、歌川豊国(とよくに)、歌川国政(くにまさ)などが知られ、美人画では喜多川歌麿(うたまろ)、細田栄之(えいし)、栄松斎長喜(えいしょうさいちょうき)などが名作を残している。[永田生慈]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大首絵の言及

【浮世絵】より

…清長の美人画像は八頭身の理想的なプロポーションをとり,大判二枚続,三枚続の大画面に展開され,開放的な野外風景の中で,群像として知的に構成される。ついで寛政年間(1789‐1801)には喜多川歌麿が,現実の遊女や町娘,あるいは身分,性状を特定された女性を半身像(大首絵(おおくびえ))に描き,微妙な心理や感情の表現に新風を開いている。浮世絵美人画は,これら春信,清長,歌麿の3巨匠によって成熟の頂点に達した感があり,その余の画家は3者の個性的な様式にわずかな変容を加えたにすぎない。…

【喜多川歌麿】より

…1791年(寛政3)幕府の風俗粛正策により,蔦重も山東京伝の洒落本出版の科で身上半減の刑を受ける。その痛手回復に選ばれたのが歌麿であり,美人の半身像を描いた〈大首絵(おおくびえ)〉シリーズであった。その目論見は図に当たり,俗流観相学と絡ませた《婦女人相十品》《婦人相学拾躰》《歌撰恋之部》の試みは,従来の美人画を一変させるほどの人気を博し,歌麿の声価も定まった。…

【役者絵】より

…勝川春章と一筆斎文調がその功績者であり,両者合作の《絵本舞台扇(ぶたいおうぎ)》(1770)は記念碑的作例として知られる。さらに春章門下の勝川春好,勝川春英(勝川派)らにより,大判錦絵の役者半身像〈大首絵(おおくびえ)〉形式が考案され,その延長線上に鬼才東洲斎写楽が登場する。 写楽は,1794年(寛政6)の夏狂言に取材して28枚の役者大首絵を発表,彗星のように浮世絵界にデビューするが,翌年初春の作品を最後に消息を絶ってしまった〈謎の浮世絵師〉である。…

※「大首絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大首絵の関連キーワード浮世絵国際浮世絵学会上方浮世絵館吉田暎二浮世絵類考《浮世絵師・紫頭巾》《浮世絵十八考》初期肉筆浮世絵細判(浮世絵)浮世絵美人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大首絵の関連情報