富本豊前掾(読み)トミモトブゼンノジョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

とみもと‐ぶぜんのじょう【富本豊前掾】

富本節の太夫。富本節の始祖。本名福田弾司。宮古路豊後掾の門弟。豊後節が弾圧されたとき、その門人常磐津文字太夫にしたがったが、寛延元年(一七四八)独立。改姓して、富本の一派を立てた。享保元~明和元年(一七一六‐六四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の富本豊前掾の言及

【富本豊前】より

…富本節の家元。始祖は豊前太夫を名のらなかったが,その子が2世豊前太夫と称した。また7世までは豊前太夫または豊前掾,以降は単に豊前と称したので,ここではそれらを一括した。(1)初世(1716‐64∥享保1‐明和1) 富本節の始祖。本名福田弾司。宮古路豊後掾の門人で初名品太夫。宮古路小文字太夫,関東小文字太夫,常磐津小文字太夫を経て,1748年(寛延1)に富本豊志太夫と名のって独立,富本節を樹立。翌49年豊前掾藤原敬親(たかつぐ)。…

※「富本豊前掾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報