コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富本豊前掾 トミモトブゼンノジョウ

デジタル大辞泉の解説

とみもと‐ぶぜんのじょう【富本豊前掾】

[1716~1764]江戸中期の富本節の太夫。初世宮古路豊後掾の門人。寛延元年(1748)富本豊志太夫と名のり、独立して富本節を創始。翌年、豊前掾を受領、晩年には筑前掾を再受領した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とみもとぶぜんのじょう【富本豊前掾】

富本節の家元の名(掾号)。
(初世)(1716~1764) 富本節の創始者。宮古路豊後掾の門下。豊後節弾圧の後、いったんは兄弟子の常磐津文字太夫の傘下に入って小文字太夫と称したが、翌年に富本の名で独立、翌々年に豊前掾を受領。
(二世)(1754~1822) 初世の実子。天性の美声で人気を博し、富本節の全盛期を築いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の富本豊前掾の言及

【富本豊前】より

…富本節の家元。始祖は豊前太夫を名のらなかったが,その子が2世豊前太夫と称した。また7世までは豊前太夫または豊前掾,以降は単に豊前と称したので,ここではそれらを一括した。(1)初世(1716‐64∥享保1‐明和1) 富本節の始祖。本名福田弾司。宮古路豊後掾の門人で初名品太夫。宮古路小文字太夫,関東小文字太夫,常磐津小文字太夫を経て,1748年(寛延1)に富本豊志太夫と名のって独立,富本節を樹立。翌49年豊前掾藤原敬親(たかつぐ)。…

※「富本豊前掾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

富本豊前掾の関連キーワード富本豊前太夫(4代)富本豊前太夫(初代)富本斎宮太夫(初代)富本豊前太夫(2代)富本豊前太夫(3代)富本豊前掾(2世)富本豊前掾(3世)宮崎忠五郎(初代)富本豊前掾(4世)富本豊前掾(初代)富本豊前掾(1世)常磐津文字太夫富本大和太夫鳥橋斎栄里常磐津節浄瑠璃清元節老松