コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴らす ナラス

デジタル大辞泉の解説

なら・す【鳴らす】

[動サ五(四)]
音を出すようにする。音をひびかせる。「鐘を―・す」「ブザーを―・す」「指を―・す」
そのことで大変世間の評判をとる。「昔は名投手で―・したものだ」
やかましく言いたてる。「不平を―・す」「非を―・す」
音を出して放屁する。おならをする。
「誤りていと高く―・してけり」〈今昔・二八・一〇〉
[可能]ならせる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ならす【鳴らす】

( 動五[四] )
音が出るようにする。 「クラクションを-・す」 「発車ベルを-・す」 「一日中ラジオを-・している」
あるすぐれた能力によって評判をとる。 「強打で-・した選手」
取り立てて言う。 「不平を-・す」
音を立て屁をひる。おならをする。 「いとたかやかに-・して侍けるに/大鏡 時平
[可能] ならせる
[慣用] きばを- ・ 舌を- ・ 鼻を- ・ 非を-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鳴らすの関連キーワード郵便配達夫はいつも二度ベルを鳴らすウエークアップコールスターターピストルクラクション舌鼓を打つハンドベルチアホーンホイッスル除夜の鐘打鳴らす掛り太鼓弾鳴らす時の太鼓啓白の鐘撥弦楽器時を撞く瑜伽振鈴ビープ音ブザー擦半鐘

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳴らすの関連情報