鳴らす(読み)ナラス

デジタル大辞泉の解説

なら・す【鳴らす】

[動サ五(四)]
音を出すようにする。音をひびかせる。「鐘を―・す」「ブザーを―・す」「指を―・す」
そのことで大変世間の評判をとる。「昔は名投手で―・したものだ」
やかましく言いたてる。「不平を―・す」「非を―・す」
音を出して放屁する。おならをする。
「誤りていと高く―・してけり」〈今昔・二八・一〇〉
[可能]ならせる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ならす【鳴らす】

( 動五[四] )
音が出るようにする。 「クラクションを-・す」 「発車ベルを-・す」 「一日中ラジオを-・している」
あるすぐれた能力によって評判をとる。 「強打で-・した選手」
取り立てて言う。 「不平を-・す」
音を立て屁をひる。おならをする。 「いとたかやかに-・して侍けるに/大鏡 時平
[可能] ならせる
[慣用] きばを- ・ 舌を- ・ 鼻を- ・ 非を-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳴らすの関連情報