コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴らす ナラス

デジタル大辞泉の解説

なら・す【鳴らす】

[動サ五(四)]
音を出すようにする。音をひびかせる。「鐘を―・す」「ブザーを―・す」「指を―・す」
そのことで大変世間の評判をとる。「昔は名投手で―・したものだ」
やかましく言いたてる。「不平を―・す」「非を―・す」
音を出して放屁する。おならをする。
「誤りていと高く―・してけり」〈今昔・二八・一〇〉
[可能]ならせる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ならす【鳴らす】

( 動五[四] )
音が出るようにする。 「クラクションを-・す」 「発車ベルを-・す」 「一日中ラジオを-・している」
あるすぐれた能力によって評判をとる。 「強打で-・した選手」
取り立てて言う。 「不平を-・す」
音を立て屁をひる。おならをする。 「いとたかやかに-・して侍けるに/大鏡 時平
[可能] ならせる
[慣用] きばを- ・舌を- ・鼻を- ・非を-

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鳴らすの関連キーワードウエークアップコール攻め太鼓・攻太鼓ウエディングベルクラクションハンドベルホイッスルチアホーン掛り太鼓打鳴らす瑜伽振鈴時を撞く時の太鼓晨朝の鐘啓白の鐘ビープ音弾鳴らすおなら鼓打ちブザー撞き鐘

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳴らすの関連情報