コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羯鼓 かっこ

5件 の用語解説(羯鼓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羯鼓
かっこ

(1) 中国,日本の膜鳴楽器 「鞨鼓」とも書く。中央がややふくらんだ胴をもつ。奏者の前に横向きに台に載せて置き,2本の長い桴 (ばち) で,鼓と同じように,あらかじめ丸枠に張ってある2枚の皮を紐で締めて胴に当て,その両皮面を打奏する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かっ‐こ【×羯鼓】

雅楽に用いる打楽器の一。奈良時代に唐から渡来したもの。左方(さほう)の楽で、演奏の速度・長短を指揮する主要楽器として使う。長さ約30センチの鼓胴の両側に直径約23センチの馬革の鼓面を固定し、通常は2本の桴(ばち)で打つ。両杖鼓(りょうじょうこ)。
舞事の一。小型の羯鼓を胸につけて打ちながら軽快に舞うもの。また、そのときの囃子(はやし)
歌舞伎舞踊で、小道具の羯鼓を首に掛けて打ちながら踊る所作。また、その囃子。「京鹿子娘道成寺(きょうがのこむすめどうじょうじ)」などにみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

羯鼓【かっこ】

おもに日本の雅楽で用いられる打楽器の一種。鞨鼓とも書く。円筒状の胴の両端にわくに張った皮を当て,ひもで締めつけ,両手に桴(ばち)を持って両側から打つ。雅楽では唐楽で用い,合奏をリードする役目をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かっこ【羯鼓】

中国と日本の打楽器で,筒状の胴の太鼓の一種。鞨鼓とも書く。2本の桴(ばち)で打つので両杖鼓ともいう。この型の鼓はインドのサンチー大塔の浮彫にみられ,インド起源ともいわれる。中国には4世紀ころに西域から伝わり,隋・唐代に,天竺伎,亀茲(きじ)伎,疏勒(そろく)伎,高昌伎の楽器として使われた。しかし唐代の書《通典(つてん)》では,羯(けつ)(匈奴の別種)から出たので羯鼓というとする。唐代には盛んに用いられたが,元・明代以降はまったく衰え,現在は使われていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かっこ【羯鼓】

〔五胡の一つ羯族の用いた鼓〕
雅楽で用いる太鼓の一種。左方楽の主要打楽器。台の上に横にして据えた鼓を両手に持った桴ばちで両面からたたく。両杖鼓りようじようこ
能の舞事まいごとの一。羯鼓の作り物を胸下に付けて打ちつつ軽快なリズムで舞うもの。「自然居士」「花月」などにある。
狂言の囃子はやし事の一。羯鼓を打ちつつ舞うもので、笛だけで囃はやす。
歌舞伎の下座で用いる、同様の楽器。王朝物の宮殿の場などで使う。
能・歌舞伎で用いる、を模した小道具。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の羯鼓の言及

【壱鼓】より

…壱鼓,二鼓,三鼓は古楽鼓といわれ,初期には一組で用いられた。平安時代には,古楽には壱鼓を,新楽には羯鼓(かつこ)を用いるようになった。しかし現在は壱鼓の代りに羯鼓を用い,その奏法を〈壱鼓打ち〉あるいは〈壱鼓搔き〉といって,右手の桴(ばち)だけで打ち,左手の桴は柄を手のひらで軽く握り,床に垂直にたてたままにする。…

【新楽】より

…中国では六朝以前,日本では唐の玄宗以前などとされるが,その考証は困難であり,むしろ唐楽現行曲にみられる様式上の差異による定義づけが可能である。まず,古楽には原則的に壱鼓(いつこ),新楽には羯鼓(かつこ)を用いる。壱鼓と羯鼓の使い分けは,打音の特色より打法に意味がある。…

【太鼓】より

…緊張力は膜の取付け方法によって調節可能な場合がある。まず膜の周囲を枠状のものに巻き付け,次にその枠を紐や革帯などで胴にかがり付けた後,胴と革帯の間に楔(くさび)の機能を果たす丸棒などを挟んで締めぐあいを調節する方法(タブラムリダンガ)や,金属の輪や紐などによって,紐や革帯をしぼって緊張度を加減する方法(インドネシアのクンダン,朝鮮の杖鼓(じようこ),日本および中国の羯鼓(かつこ))などを用いて音高を整えるほか,脇の下に太鼓を挟み,演奏中に腕で紐を押しつけて音高を変える方法(アフリカのルンガlunga)もある。しかし最も繊細であるのは日本の小鼓(こつづみ)に見られる,一打ちごとに行われる調緒(しらべお)の締め加減の微妙な調節であろう。…

【銅鈸】より

…仏教音楽では〈どうばち〉ともいい,あるいは〈はち〉といって〈鉢〉の字を当てることもある。かなり大型のものを用いるが,声明曲(しようみようきよく)《三十二相》などには小型のものを用い,これを〈羯鼓(かつこ)〉と呼ぶ。仏教音楽では2枚の円盤を打ち合わせたあと,余韻が響いている間に2枚の縁をかすかに触れ合わせる技法が特徴的である。…

【舞事】より

…能の舞事には,笛(能管)・小鼓・大鼓で奏する〈大小物(だいしようもの)〉と太鼓の入る〈太鼓物〉とがあるが,その両者を含めて,笛の基本の楽句である(じ)の種類によって分類されることが多い。すなわち,呂中干(りよちゆうかん)の地といわれる共用の地を用いる〈序ノ舞〉〈真(しん)ノ序ノ舞〉〈中ノ舞(ちゆうのまい)〉〈早舞(はやまい)〉〈男舞(おとこまい)〉〈神舞(かみまい)〉〈急ノ舞〉〈破ノ舞(はのまい)〉などと,それぞれが固有の地を用いる〈楽(がく)〉〈神楽(かぐら)〉〈羯鼓(かつこ)〉〈鷺乱(さぎみだれ)(《鷺》)〉〈猩々乱(《猩々》)〉〈獅子(《石橋(しやつきよう)》)〉〈乱拍子(《道成寺》)〉などの2種がある。〈序ノ舞〉は女体,老体などの役が物静かに舞うもので,《井筒》《江口》《定家》などの大小物と《小塩(おしお)》《羽衣》などの太鼓物がある。…

※「羯鼓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

羯鼓の関連キーワード後燕後趙語派西秦前燕五胡胡兵サバイヨンソース

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

羯鼓の関連情報