コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴子ダム(読み)なるごダム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳴子ダム
なるごダム

宮城県北西部,北上川支流江合川上流にある多目的ダム。北上川総合開発事業の一環として 1952年着工し 58年完成。高さ 94.5m,長さ 215m,有効貯水量 3500万m3のアーチ式ダム (→アーチダム ) で,洪水調節,発電 (最大出力1万 8000kW) などに利用されている。ダムによってできた荒雄湖は,鳴子温泉郷観光地となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の鳴子ダムの言及

【江合川】より

…岩出山町より上流は荒雄川とよばれ,荒雄岳の東麓を環流し,鬼首(おにこうべ)盆地を経て西からの大谷川を合わせ,大崎平野を緩流し,桃生(ものう)郡河南町前谷地で北上川に合流する。洪水時には本流北上川の水までが逆流するため,南の鳴瀬川へ流入させる導流堤が作られ,上流にはアーチ式の鳴子ダム(総貯水量5000万m3)が1957年構築された。鳴子町より下流は陸羽東線に沿う。…

※「鳴子ダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android