コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴滝音人 なるたきの おとんど

2件 の用語解説(鳴滝音人の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

鳴滝音人

別号古今亭又団栗庵。通称池沢権右衛門。二世古今亭青人と云う。『棒歌選』『休息歌仙』等の著書がある。寛政8年(1796)歿、79才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳴滝音人 なるたきの-おとんど

1718-1796 江戸時代中期の狂歌師,戯作(げさく)者。
享保(きょうほう)3年生まれ。江戸京橋の商家の主人。元木網(もとの-もくあみ)社中の判者をつとめた。黄表紙「人まね道成寺」,絵入り狂文狂歌集「狂文棒歌撰」をあらわす。寛政8年6月死去。79歳。姓は池沢。通称は権右衛門。別号に古今亭,団栗庵。
【格言など】用たたぬ旗さほ竹はをさまれる代々につたへてねかしものなり(「吾妻曲(あづまぶり)狂歌文庫」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鳴滝音人の関連キーワード無銭法師算木有政柳直成釈氏定規橘貞風花江戸住紫由加里柳原竹光柳原向やはり棟梁

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone