鳴滝音人(読み)なるたきの おとんど

美術人名辞典の解説

鳴滝音人

別号古今亭又団栗庵。通称池沢権右衛門。二世古今亭青人と云う。『棒歌選』『休息歌仙』等の著書がある。寛政8年(1796)歿、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳴滝音人 なるたきの-おとんど

1718-1796 江戸時代中期の狂歌師,戯作(げさく)者。
享保(きょうほう)3年生まれ。江戸京橋の商家の主人。元木網(もとの-もくあみ)社中の判者をつとめた。黄表紙「人まね道成寺」,絵入り狂文狂歌集「狂文棒歌撰」をあらわす。寛政8年6月死去。79歳。姓は池沢。通称は権右衛門。別号に古今亭,団栗庵。
【格言など】用たたぬ旗さほ竹はをさまれる代々につたへてねかしものなり(「吾妻曲(あづまぶり)狂歌文庫」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android