コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴(り)物師 ナリモノシ

1件 の用語解説(鳴(り)物師の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なりもの‐し【鳴(り)物師】

長唄歌舞伎下座音楽で、鳴り物を扱う囃子方(はやしかた)出囃子の場合、雛段(ひなだん)の下段に並ぶので下方(したかた)ともいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鳴(り)物師の言及

【囃子方】より

… なお,狂言にも囃子演奏を必要とする演目があり,その場合は能の囃子方が出演する。【松本 雍】 歌舞伎では,広義には,唄方,三味線方および打楽器(大鼓,小鼓,太鼓その他),管楽器(能管,篠笛(しのぶえ)など)の演奏者(鳴物師)すべてを囃子方と呼ぶ。戦前までは唄方,三味線方,鳴物師は楽屋の一つの控室で,1人の囃子頭によって統率されていたため,囃子方は広義の意味をもっていた。…

※「鳴(り)物師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone