コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴(り)物師 ナリモノシ

1件 の用語解説(鳴(り)物師の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なりもの‐し【鳴(り)物師】

長唄歌舞伎下座音楽で、鳴り物を扱う囃子方(はやしかた)出囃子の場合、雛段(ひなだん)の下段に並ぶので下方(したかた)ともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鳴(り)物師の言及

【囃子方】より

… なお,狂言にも囃子演奏を必要とする演目があり,その場合は能の囃子方が出演する。【松本 雍】 歌舞伎では,広義には,唄方,三味線方および打楽器(大鼓,小鼓,太鼓その他),管楽器(能管,篠笛(しのぶえ)など)の演奏者(鳴物師)すべてを囃子方と呼ぶ。戦前までは唄方,三味線方,鳴物師は楽屋の一つの控室で,1人の囃子頭によって統率されていたため,囃子方は広義の意味をもっていた。…

※「鳴(り)物師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鳴(り)物師の関連キーワード下座音楽五つ頭大どろ歌舞伎音楽修羅囃子禅の勤め奏楽遠寄せ竜神囃子渡り拍子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone