コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堅田 かたた

9件 の用語解説(堅田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堅田
かたた

滋賀県大津市北部の地区。旧町名。 1967年大津市に編入。琵琶湖狭隘部の西岸にあり,中世は湖上交通の要衝の港として栄えた。現在は商業の一中心地。紡績・化学工業もある。本堅田の居初氏庭園は名勝。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かたた【堅田】

滋賀県大津市の地名。琵琶湖南西岸にあり、湖中に浮御堂(うきみどう)を望む。近江(おうみ)八景の一「堅田の落雁(らくがん)」の地。

かた‐だ【堅田】

《「かたた」とも》水が乾いて土のかたくなった田。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

堅田【かただ】

滋賀県大津市の一地区。滋賀郡の旧町で,1967年大津市に編入。主集落は琵琶湖最狭部に臨み,湖上交通と漁業で栄えた。琵琶湖大橋,名寺満月寺(浮御堂)があり,堅田落雁は近江八景の一つ。
→関連項目安東蓮聖近江商人大浦荘海津吉崎和邇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かただ【堅田】

近江国滋賀郡の地名。11世紀後半には京都の下鴨社(鴨御祖神社)の御厨(みくりや)となっていたことが確かめられるが,それ以前は定かでない。平安末期までには,堅田荘として,延暦寺の荘園ともなっており,1227年(嘉禄3)には,承久の乱の行賞として,佐々木信綱に堅田荘の地頭職が幕府より与えられているところからすると,鎌倉時代の初めには,地頭職・領家職の二つに分かれていたものと推測される(《吾妻鏡》)。しかし,こののち延暦寺の支配が強まるにつれて,地頭職は実質的な意味を持たなくなったとみえ,史料の上からも姿を消す

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かたた【堅田】

水が乾ききって堅くなった田。

かたた【堅田】

大津市の地名。琵琶湖南西岸に位置し、古来、湖上交通の要地。堅田の落雁らくがんは近江八景の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔滋賀県〕堅田(かたた)


滋賀県大津(おおつ)市北部の地区。琵琶(びわ)湖最狭部の西岸に位置する。中世から琵琶湖水運を掌握した堅田商人の根拠地として発展。湖畔(こはん)には平安時代中期に創建された満月寺の浮御(うきみ)堂がある。「堅田の落雁(らくがん)」は近江(おうみ)八景の一つ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堅田
かたた

滋賀県南部、大津市の一地区。旧堅田町。琵琶(びわ)湖最狭部の西岸に位置する。古くから西近江路(おうみじ)と湖上交通の要衝として栄え、戦国時代には堅田水軍が活躍した。「堅田フナ」などをとる漁港でもある。湖中に浮御堂(うきみどう)があり、「堅田の落雁(らくがん)」は近江八景の一つであった。現在は工場の進出や住宅地化が著しい。国道161号が通じ、JR湖西(こせい)線堅田駅がある。また、琵琶湖大橋の西端にあたり、橋は国道477号につながる。[高橋誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の堅田の言及

【大津[市]】より

…1898年市制。1932年滋賀村,33年膳所(ぜぜ)町,石山町,51年坂本村,下阪本村,雄琴(おごと)村,下田上村,大石村,67年堅田町,瀬田町を編入。人口27万6332(1995)。…

【琵琶湖】より

…南北に長く,南端から約16kmのところがくびれて最も狭く,ここに琵琶湖大橋(1964完成。大津市今堅田町~守山市木浜(このはま)町間,全長1.35km)がかかっている。これを境にして北の主湖盆を北湖,南の副湖盆を南湖と呼ぶ。…

※「堅田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

堅田の関連キーワード大友黒主摂関時代滋賀浦葛川栃木県芳賀郡益子町小宅栃木県下都賀郡壬生町壬生滋賀県近江八幡市安土町桑実寺滋賀県野洲市冨波乙京都府与謝郡与謝野町明石小槻今雄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堅田の関連情報