鳶が鷹を生む(読み)とびがたかをうむ

ことわざを知る辞典「鳶が鷹を生む」の解説

鳶が鷹を生む

平凡な親がすぐれた子を生むことのたとえ。

[使用例] 父親は何しろ〈かたきやく名人である。その子に英二郎のような華奢な女形が生まれたので、「鳶が鷹をうんだ」と噂され、英之丞もそういわれて喜んでいた[戸板康二家元の女弟子|1990]

[解説] 一方で、「の子にならず」ともいいます。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「鳶が鷹を生む」の解説

とび【鳶】 が=鷹(たか)[=孔雀(くじゃく)]を生(う)

平凡な親がすぐれた子を生むたとえ。鳶が鷹。
※俳諧・犬子集(1633)六「雪ふればも鷹うむしらふ哉〈正直〉」

とんび【鳶】 が 鷹(たか)を生(う)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android