鳶が鷹を生む(読み)とびがたかをうむ

精選版 日本国語大辞典 「鳶が鷹を生む」の意味・読み・例文・類語

とび【鳶】 が=鷹(たか)[=孔雀(くじゃく)]を生(う)

平凡な親がすぐれた子を生むたとえ。鳶が鷹。
※俳諧・犬子集(1633)六「雪ふれば鴟も鷹うむしらふ哉〈正直〉」

とんび【鳶】 が 鷹(たか)を生(う)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「鳶が鷹を生む」の意味・読み・例文・類語

とびたか

平凡な親がすぐれた子を生むことのたとえ。とんびたかをうむ。鳶が孔雀くじゃくを生む。

とんびたか

とびがたかをうむ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ことわざを知る辞典 「鳶が鷹を生む」の解説

鳶が鷹を生む

平凡な親がすぐれた子を生むことのたとえ。

[使用例] 父親は何しろ〈略〉かたきやく名人である。その子に英二郎のような華奢な女形が生まれたので、「鳶が鷹をうんだ」と噂され、英之丞もそういわれて喜んでいた[戸板康二家元の女弟子|1990]

[解説] 一方で、「鳶の子鷹にならず」ともいいます。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android