コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸板康二 といたやすじ

4件 の用語解説(戸板康二の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸板康二
といたやすじ

[生]1915.12.14. 東京
[没]1993.1.23. 東京
演劇評論家,小説家。 1938年慶應義塾大学国文科卒業。明治製菓宣伝部,山水高等女学校講師を経て,44年日本演劇社に入社,雑誌編集にたずさわる。歌舞伎評論『わが歌舞伎』『続わが歌舞伎』 (1948) ,『丸本歌舞伎』 (49) などで戸川秋骨賞を受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

といた‐やすじ【戸板康二】

[1915~1993]演劇評論家・小説家。東京の生まれ。歌舞伎評論の第一人者として活躍した後、江戸川乱歩の勧めにより推理小説家となる。「団十郎切腹事件」で直木賞受賞。他に「グリーン車の子供」「車引殺人事件」、エッセー集「ちょっといい話」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸板康二 といた-やすじ

1915-1993 昭和-平成時代の演劇評論家,小説家。
大正4年12月14日生まれ。日本演劇社につとめ,昭和24年「丸本歌舞伎」などで戸川秋骨賞。歌舞伎評論の権威であったが,33年江戸川乱歩にすすめられ「車引殺人事件」をかく。35年「団十郎切腹事件」で直木賞,51年菊池寛賞,「グリーン車の子供」で日本推理作家協会賞。平成3年芸術院会員。平成5年1月23日死去。77歳。東京出身。慶大卒。著作はほかに「歌舞伎への招待」「ちょっといい話」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸板康二
といたやすじ
(1915―1993)

演劇評論家、作家。東京都生まれ。1938年(昭和13)慶応義塾大学文学部国文学科を卒業し、明治製菓勤務を経て、1944年日本演劇社に入社して『日本演劇』編集に従事、のちに編集長となり演劇評論で活躍。在学中に折口信夫(おりくちしのぶ)の日本芸能史の講義に影響を受け演劇研究と批評を志した。1948年『わが歌舞伎(かぶき)』と1949年『丸本歌舞伎』で戸川秋骨賞を受賞した。1950年日本演劇社を退社して演劇評論家となり、1952年『劇場の椅子(いす)』『今日の歌舞伎』で芸術選奨文部大臣賞を受賞。1960年推理小説『団十郎切腹事件』で直木賞を受賞し、随筆『ちょっといい話』はベストセラーとなり、1969年劇作『マリー・アントワネット』を発表した。1977年日本芸術院賞を受賞し、1991年(平成3)日本芸術院会員。著書には『新劇史の人々』『忠臣蔵』など。平成5年1月30日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

戸板康二の関連キーワード高校野球ブラッグエイクマン佐久間左馬太ジェラールシャノアーヌマクドナルド鉱物相包有物ライドル岩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戸板康二の関連情報