コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸板康二 といたやすじ

4件 の用語解説(戸板康二の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸板康二
といたやすじ

[生]1915.12.14. 東京
[没]1993.1.23. 東京
演劇評論家,小説家。 1938年慶應義塾大学国文科卒業。明治製菓宣伝部,山水高等女学校講師を経て,44年日本演劇社に入社,雑誌編集にたずさわる。歌舞伎評論『わが歌舞伎』『続わが歌舞伎』 (1948) ,『丸本歌舞伎』 (49) などで戸川秋骨賞を受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

といた‐やすじ【戸板康二】

[1915~1993]演劇評論家・小説家。東京の生まれ。歌舞伎評論の第一人者として活躍した後、江戸川乱歩の勧めにより推理小説家となる。「団十郎切腹事件」で直木賞受賞。他に「グリーン車の子供」「車引殺人事件」、エッセー集「ちょっといい話」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸板康二 といた-やすじ

1915-1993 昭和-平成時代の演劇評論家,小説家。
大正4年12月14日生まれ。日本演劇社につとめ,昭和24年「丸本歌舞伎」などで戸川秋骨賞。歌舞伎評論の権威であったが,33年江戸川乱歩にすすめられ「車引殺人事件」をかく。35年「団十郎切腹事件」で直木賞,51年菊池寛賞,「グリーン車の子供」で日本推理作家協会賞。平成3年芸術院会員。平成5年1月23日死去。77歳。東京出身。慶大卒。著作はほかに「歌舞伎への招待」「ちょっといい話」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸板康二
といたやすじ
(1915―1993)

演劇評論家、作家。東京都生まれ。1938年(昭和13)慶応義塾大学文学部国文学科を卒業し、明治製菓勤務を経て、1944年日本演劇社に入社して『日本演劇』編集に従事、のちに編集長となり演劇評論で活躍。在学中に折口信夫(おりくちしのぶ)の日本芸能史の講義に影響を受け演劇研究と批評を志した。1948年『わが歌舞伎(かぶき)』と1949年『丸本歌舞伎』で戸川秋骨賞を受賞した。1950年日本演劇社を退社して演劇評論家となり、1952年『劇場の椅子(いす)』『今日の歌舞伎』で芸術選奨文部大臣賞を受賞。1960年推理小説『団十郎切腹事件』で直木賞を受賞し、随筆『ちょっといい話』はベストセラーとなり、1969年劇作『マリー・アントワネット』を発表した。1977年日本芸術院賞を受賞し、1991年(平成3)日本芸術院会員。著書には『新劇史の人々』『忠臣蔵』など。平成5年1月30日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸板康二の関連キーワード秋庭太郎大平和登尾崎宏次玉泉八州男堂本正樹藤田洋増見利清山田和也鈴木裕美森新太郎(2)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戸板康二の関連情報