正直(読み)しょうじき

精選版 日本国語大辞典「正直」の解説

しょう‐じき シャウヂキ【正直】

(「しょう」「じき」は、「正」「直」の呉音。古く「じょうじき」とも)
[1]
① (形動) うそやごまかしのないこと。かげひなたのないこと。すなおで正しいこと。また、そのさま。しょうちょく。せいちょく。
※本朝文粋(1060頃)一二・西方極楽讚〈後中書王〉「正直心地為国界。無漏善根為林叢
※源平盛衰記(14C前)三九「年来只千手をば、正直(ジャウジキ)の者ぞと思たれば」
② 家屋の壁や柱などの傾斜を検査する道具。長い木の上下に横木があり、上の横木から錘(おもり)をたらして傾斜の具合を調べるもの。
③ 桶屋などの用いる一メートルあまりの大きなかんな。木をその上にのせ、おして削る。
※三十二番職人歌合(1494頃)二九番「結桶師の三昧正直といへるも、家業の器なり」
④ 大工仲間で、水のことをいう語。
[2] 〘副〙 気持や行動が偽りや見せかけでないさまを表わす語。本当のところ。
※人情本・英対暖語(1838)四「正直未練が残るぜ」

せい‐ちょく【正直】

〘名〙 (形動) すなおで正しいこと。偽りのないこと。また、そのさま。しょうじき。
※玉塵抄(1563)一「夏殷周の三代の正(セイ)直なただしい風がのこって」
※読本・唐錦(1780)一「正直(セイチョク)にして善を助け悪を制し」 〔春秋左伝‐荘公三二年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「正直」の解説

しょう‐じき〔シヤウヂキ〕【正直】

[名・形動]正しくて、うそや偽りのないこと。また、そのさま。「正直なところ自信がない」「正直に非を認める」「正直者」
[名]
おもりを糸で垂らして柱などの傾きを調べる道具。
桶屋おけやの職人などが用いる1メートルくらいの大きなかんな。木のほうをのせて削る。
[副]見せかけやごまかしではないさま。率直なさま。本当のところ。「その計画は正直不可能だ」
[派生]しょうじきさ[名]
[類語](実直じっちょく実体じってい誠実真率しんそつ善良朴直律儀りちぎ真っ正直馬鹿正直

せい‐ちょく【正直】

[名・形動]正しくてまっすぐなこと。偽りのないこと。また、そのさま。しょうじき。
「―ナ人」〈和英語林集成

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「正直」の解説

【正直】せいちよく

正しい。〔小雅、小明〕(なんぢ)の位を共(せいきよう)し の正直を好(よみ)せよ の之れを聽かば 爾の(おほ)いにせん

字通「正」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の正直の言及

【鉋】より

…また日本の鉋は台に対し,刃を溝はめで固定するが,西欧や中国では楔締めかねじ締めである。大型の鉋を逆さにして刃を上面にし,材を手で持って押して削るものを正直(しようじき)というが,主として桶屋が板の矧手(はぎて)削りに用いる。この正直は古代中国では臥準(がじゆん)といい,やはり桶職人が使い,日本でも16世紀ころには用いていた。…

※「正直」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android