コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳶色 とびいろ

色名がわかる辞典の解説

とびいろ【鳶色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗いみの」としている。一般に、タカ科トビの羽のような暗い茶色のこと。江戸時代に流行した茶色の染色の一つ。植物を題材にした色名が多い日本では珍しい。当時は人里の近くでも飛び回り、馴染みの深い鳥だった。トンビともいう。現代でも広い河原があると地域によっては都市部で見ることができる。空高く弧を描いて飛び「ピーヒョロロ」と鳴くのが特徴。色の布地に格子柄を染色した鳶八丈は有名。また「鳶色の瞳」「鳶色の髪」という使い方もする。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とび‐いろ【×鳶色】

のような色。こげ茶色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とびいろ【鳶色】

鳶の羽のような色。赤みの茶色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鳶色の関連キーワード鳶・鴟・鵄梶浦 正之赤み窈然

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android