(読み)とんび

精選版 日本国語大辞典「鳶」の解説

とんび【鳶】

〘名〙
① 「とび(鳶)」の変化した語。《季・冬》
※かた言(1650)四「鳶(とび)を、とんび」
② 通りがかりに店先や門口のものなどをかすめとる者。鳶が餌をさらうのに擬していう。
※雑俳・あかゑぼし(1702)「覗き居る盗賊(すり)巾着を鳶(トンビ)坂」
③ 「とんびガッパ(鳶合羽)」の略。《季・冬》
※新聞雑誌‐二号・明治四年(1871)五月「袈裟衣、腹かけ股引、トンビ、ブランケットを着る者」
④ 芝居で用いる笛。
※自由学校(1950)〈獅子文六〉不同調「堀君のトンビ(笛)だって、悠長を極めたものでしたな」
⑤ 紙、髪、神をいう人形浄瑠璃社会の隠語。
※洒落本・金枕遊女相談(1772‐81頃)「なじみの座敷たりとも鉢さかなにかんざしなど入るは、あたまにはしを置き御ぜんすへるといふはんじものか、つねに心懸けたし。トンビタツホニスケシロウ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鳶」の解説

とび【×鳶/×鵄/×鴟】

タカ科の鳥。全長約60センチ。全身茶色で、翼の下面に白斑がある。尾は凹形。ピーヒョロロと鳴きながら羽ばたかずに輪を描いて飛ぶ。ユーラシアに広く分布。漁港や市街地に多く、魚や動物の死体を食べる。とんび。
鳶職」の略。
鳶口」の略。
鳶色」の略。
[類語]犬鷲大鷲尾白鷲禿鷲禿鷹

とんび【×鳶】

とび(鳶)1」に同じ。
用もなくうろつく者。また、通りがかりに店先や門口のものを盗む、こそ泥。「廊下
鳶ガッパ」の略。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「鳶」の解説

鳶 (トビ)

学名Milvus migrans
動物。ワシタカ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android