コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴇田恵吉 ときた えきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鴇田恵吉 ときた-えきち

1881-1966 大正-昭和時代の郷土史家。
明治14年2月20日生まれ。大正8年千葉県鶴枝小学校長を辞任し,日大に入学。12年神奈川県鳩川実科高女校長。郷土千葉県の歴史と民俗についておおくの著作をあらわした。昭和41年6月16日死去。85歳。千葉師範卒。号は東皐。編著に「房総叢書」「千葉県教育史」,著作に「東条一堂伝」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鴇田恵吉の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android