コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴨下寛 かもした ゆたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鴨下寛 かもした-ゆたか

1897-1982 昭和時代の土壌学者。
明治30年2月14日生まれ。農林省にはいり,昭和25年農業技術研究所化学部長。のち玉川大教授。各地の土壌を調査し,全国の水田土壌基本型5種になることを説いた。昭和57年12月14日死去。85歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鴨下寛
かもしたゆたか
(1897―1982)

土壌学者。明治期にドイツ人フェスカに学んだ土壌学者松次郎の子として東京に生まれる。1922年(大正11)東京帝国大学農芸化学科を卒業して農林省に入り、各地の土壌調査に従事した。1936年(昭和11)の津軽平野の水田土壌の調査は、日本で最初の地下水土壌の形態学的研究として画期的な業績である。1943年の岐阜県、1944年の青森県などの調査から、全国水田土壌の基本型5種を確認したことも高く評価されている。1947年「水田地帯に分布する土壌型の調査研究」で農学博士の学位を得た。1950年から1961年にかけて農林省農業技術研究所化学部長を務め、土地生産力の調査研究を指導した。1961年の退官後は玉川大学農学部教授に就任、また、経済安定本部資源調査会や国土総合開発審議会などの専門委員を長く務めた。[石山 洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鴨下寛の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android