コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽平野 つがるへいや

7件 の用語解説(津軽平野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津軽平野
つがるへいや

別称岩木盆地。青森県西部,岩木川流域一帯を占める平野。面積約 1000km2。東西約 20km。南北約 60km。津軽山地と白神山地の間に岩木川が形成した沖積平野で,最北部には十三 (じゅうさん) 湖があり,河口部に円弧状の三角州がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つがる‐へいや【津軽平野】

青森県西部の岩木川流域の平野。弘前市が中心都市。米・リンゴの産地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

津軽平野【つがるへいや】

青森県西部,岩木川流域の沖積平野。面積約1000km2。南半は砂礫(されき)質の沖積地,北半は潟湖(かたこ)が埋積された低湿地で泥炭地も多い。多くの溜池(ためいけ)があり,水路も発達,水田地域を灌漑(かんがい)して津軽米の大産地になっている。
→関連項目尾上[町]金木[町]津軽半島鶴田[町]中里[町]浪岡[町]平賀[町]藤崎[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

つがるへいや【津軽平野】

青森県西部,津軽半島南部から西部に広がる岩木川下流の沖積平野。南北60km,東西20kmにおよぶ。東側は奥羽山脈,北側は津軽山地,南西側は岩木山白神山地によってかこまれ,白神山地に源を発する岩木川が浅瀬石(あせいし)川,平川,十(と)川などを合わせ,平野中央部を緩やかに北流し,日本海岸の十三(じゆうさん)湖に注ぐ。 平野の南部は盆地状をなし,積雪の多い日本海側気候であるが,梅雨の影響が少なく,また夏は比較的乾燥し,〈やませ〉の影響も少なく高温となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つがるへいや【津軽平野】

青森県西部、岩木川中下流に広がる平野。弘前市が中心地。リンゴと米の産地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕津軽平野(つがるへいや)


青森県西部に広がる平野。同県最大の農業地帯。南北約60km、東西約25km。南西は白神(しらかみ)山地と岩木(いわき)山、南東は奥羽(おうう)山脈、北東は津軽山地に囲まれ、日本海沿岸には大規模な屏風山(びょうぶさん)砂丘が発達。南部から岩木川が北流し、十三(じゅうさん)湖に注ぐ。南部の台地と丘陵縁辺は日本有数のリンゴ栽培地帯。北部の沖積(ちゅうせき)低地は近世以降に開拓された水田単作地帯で、津軽米の大産地。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津軽平野
つがるへいや

青森県西部に展開する平野。南北約60キロメートル、東西20キロメートル。北西部は日本海に面すが、南東部は奥羽山脈、北東部は津軽半島脊梁(せきりょう)山地、南西部は岩木山を主体とする山地により囲まれている。白神(しらかみ)山地に源を発する岩木川は浅瀬石(あせいし)川を合流した平(ひら)川をあわせて緩やかに平野を北流し十三(じゅうさん)湖に注ぐ。弘前(ひろさき)市を中心とする南部の地域は、夏は偏東風のやませや梅雨の影響が少なく、水田とリンゴ園が広く分布し、リンゴ園は全国の49%を占める。平野の北部は水田単作地帯である。江戸時代の中ごろから開拓された新田地帯で低湿地が多いが、第二次世界大戦後の水利事業により全国屈指の高収田となった。平野全体で県の米の半分を産出する。平野の中心は五所川原(ごしょがわら)市。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の津軽平野の言及

【自然堤防】より

… 比較的広い沖積平野では,山麓部に発達する扇状地と,河口部に発達する三角州とにはさまれた平野中央部において,自然堤防(地)帯とよばれる自然堤防と後背湿地とが顕著に発達する地域がひろがっている。日本では濃尾平野や津軽平野においてその典型的な例を見ることができるほか,石狩平野や関東平野中央部でも自然堤防が良好に発達している。また,扇状地や三角州でも河道に沿う自然堤防状の微高地が認められる。…

※「津軽平野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

津軽平野の関連キーワード津軽半島青森県東津軽郡今別町青森県北津軽郡青森県中津軽郡青森県西津軽郡青森県東津軽郡青森県南津軽郡青森県東津軽郡蓬田村市浦[村]蓬田[村]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

津軽平野の関連情報