コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴻池幸武 こうのいけ よしたけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鴻池幸武 こうのいけ-よしたけ

1914-1945 昭和時代前期の文楽研究家。
大正3年7月15日生まれ。12代鴻池善右衛門の次男。早大演劇博物館につとめ,石割(いしわり)松太郎に師事。名人の芸談収集につとめ,「道八芸談」「栄三自伝」を自費出版する。その文楽研究は武智鉄二に影響をあたえた。昭和19年召集をうけ,20年フィリピンで戦死した。32歳。大阪出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鴻池幸武の関連キーワード豊沢 団平(3代目)鶴沢 勝七(2代目)鶴沢 道八(2代目)豊沢団平(2代)鶴沢道八(1世)

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android