コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武智鉄二 たけちてつじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武智鉄二
たけちてつじ

[生]1912.12.10. 大阪
[没]1988.7.26. 神奈川
演出家,演劇評論家映画監督本姓川口。京都帝国大学経済学部卒業。 1939年個人雑誌『劇評』を創刊し,鋭い演劇評論を展開,第2次世界大戦中は私費で「断絃会」を組織して古典芸能の保護に努めた。 49年中村扇雀 (3世雁治郎) ,坂東鶴之助 (5世中村富十郎) ら関西歌舞伎の若手俳優に実験的演出を試み,「武智歌舞伎」として注目を集める。ほかにも古典芸能と前衛演劇との結合などを試み,演劇界の革命児と呼ばれた。 64年『白日夢』で映画監督としてもデビュー,65年『黒い雪』でわいせつ罪に問われたが,のち無罪判決を得た。著書に『かりの翅』 (1941) ,『定本武智歌舞伎』 (6巻,78~81) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たけち‐てつじ【武智鉄二】

[1912~1988]演出家・評論家・映画監督。大阪の生まれ。本姓、川口。はじめ古典芸能を研究・評論、のち若手歌舞伎役者らを用いて古典歌舞伎を演出し、「武智歌舞伎」として注目を集める。また、能や狂言の形式で現代劇上演。映画作品「白日夢」「黒い雪」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

武智鉄二【たけちてつじ】

演劇評論家,演出家。本姓川口。大阪生れ。京大経済学部卒。古典芸能の批評,育成,改革において大きな影響力を持った。批評活動の始まりは,1939年の個人雑誌《劇評》。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武智鉄二 たけち-てつじ

1912-1988 昭和時代の演出家,評論家,映画監督。
大正元年12月10日生まれ。昭和14年古典芸能の評論活動をはじめ,戦後関西の若手歌舞伎役者らをそだて,武智歌舞伎とよばれる実験的演出で注目をあつめる。その後,能や狂言の形式によって「夕鶴」などの現代劇を上演,前衛的なオペラや映画「白日夢」「黒い雪」などをつくった。昭和63年7月26日死去。75歳。大阪出身。京都帝大卒。本名は川口鉄二。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武智鉄二
たけちてつじ
(1912―1988)

演出家、評論家。大阪市生まれ。京都帝国大学経済学部卒業後、1939年(昭和14)より古典芸能の研究、評論活動を開始。それを土台に49年(昭和24)から2年間、関西歌舞伎(かぶき)の若手俳優と組んで古典歌舞伎を演出し、「武智歌舞伎」として注目を浴びる。54年には能形式の『夕鶴(ゆうづる)』、狂言形式の『東は東』などで現代戯曲に取り組み、55年には能・狂言師やオペラ歌手との共演による「円形劇場形式による創作劇の夕(ゆうべ)」の制作・演出で演劇人交流の先鞭(せんべん)をつけた。64年以降は谷崎潤一郎原作『白日夢』などを映画化する。絶えず前衛的演出に挑戦するが、基本は伝統的古典芸能の現代的再生にあるといえよう。主著に『かりの翅(はね)』(1941)、『歌舞伎の黎明(れいめい)』(1955)など。夫人は日本舞踊家、川口秀子。[石澤秀二]
『『定本武智歌舞伎――武智鉄二全集』全六巻(1981・三一書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の武智鉄二の言及

【歌舞伎】より

…その点で,かつて坪内逍遥がギリシア神話のカイミーラ(キマイラ)にたとえたのは巧みな比喩であった。武智鉄二は次の12の様式に分類した。すなわち,(1)坂田藤十郎を頂点とする元禄歌舞伎,(2)市川団十郎を中心とした荒事,(3)義太夫節と操り芝居とから派生した歌舞伎,(4)義太夫狂言(丸本物)の影響から直接に生まれた歌舞伎,(5)豊後節系統の演劇,(6)義太夫狂言を写実化したもの,(7)南北を頂点とする市井写実劇,(8)能の様式を模倣した作品,(9)黙阿弥の新音楽劇,(10)団十郎の活歴,(11)狂言の影響を受けた舞踊劇,(12)2世左団次による外国演劇の影響を受けた新歌舞伎劇,の12種である。…

※「武智鉄二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

武智鉄二の関連キーワード市川 雷蔵(8代目)日本映画史(年表)桜間金太郎(2世)中村鴈治郎(3世)中村富十郎(5世)野村万蔵(7代)茂山千作(4代)茂山千作(4世)金田 龍之介渡久地 政信善竹 弥五郎川口 秀子武智 鉄二ピンク映画鴻池 幸武桜間 道雄茂山千之丞松井今朝子滝沢 修昭和時代

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武智鉄二の関連情報