コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武智鉄二 たけちてつじ

5件 の用語解説(武智鉄二の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武智鉄二
たけちてつじ

[生]1912.12.10. 大阪
[没]1988.7.26. 神奈川
演出家,演劇評論家,映画監督。本姓川口。京都帝国大学経済学部卒業。 1939年個人雑誌『劇評』を創刊し,鋭い演劇評論を展開,第2次世界大戦中は私費で「断絃会」を組織して古典芸能の保護に努めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たけち‐てつじ【武智鉄二】

[1912~1988]演出家・評論家・映画監督。大阪の生まれ。本姓、川口。はじめ古典芸能を研究・評論、のち若手歌舞伎役者らを用いて古典歌舞伎を演出し、「武智歌舞伎」として注目を集める。また、能や狂言の形式で現代劇を上演。映画作品「白日夢」「黒い雪」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

武智鉄二【たけちてつじ】

演劇評論家,演出家。本姓川口。大阪生れ。京大経済学部卒。古典芸能の批評,育成,改革において大きな影響力を持った。批評活動の始まりは,1939年の個人雑誌《劇評》。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武智鉄二 たけち-てつじ

1912-1988 昭和時代の演出家,評論家,映画監督。
大正元年12月10日生まれ。昭和14年古典芸能の評論活動をはじめ,戦後関西の若手歌舞伎役者らをそだて,武智歌舞伎とよばれる実験的演出で注目をあつめる。その後,能や狂言の形式によって「夕鶴」などの現代劇を上演,前衛的なオペラや映画「白日夢」「黒い雪」などをつくった。昭和63年7月26日死去。75歳。大阪出身。京都帝大卒。本名は川口鉄二。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武智鉄二
たけちてつじ
(1912―1988)

演出家、評論家。大阪市生まれ。京都帝国大学経済学部卒業後、1939年(昭和14)より古典芸能の研究、評論活動を開始。それを土台に49年(昭和24)から2年間、関西歌舞伎(かぶき)の若手俳優と組んで古典歌舞伎を演出し、「武智歌舞伎」として注目を浴びる。54年には能形式の『夕鶴(ゆうづる)』、狂言形式の『東は東』などで現代戯曲に取り組み、55年には能・狂言師やオペラ歌手との共演による「円形劇場形式による創作劇の夕(ゆうべ)」の制作・演出で演劇人交流の先鞭(せんべん)をつけた。64年以降は谷崎潤一郎原作『白日夢』などを映画化する。絶えず前衛的演出に挑戦するが、基本は伝統的古典芸能の現代的再生にあるといえよう。主著に『かりの翅(はね)』(1941)、『歌舞伎の黎明(れいめい)』(1955)など。夫人は日本舞踊家、川口秀子。[石澤秀二]
『『定本武智歌舞伎――武智鉄二全集』全六巻(1981・三一書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の武智鉄二の言及

【歌舞伎】より

…その点で,かつて坪内逍遥がギリシア神話のカイミーラ(キマイラ)にたとえたのは巧みな比喩であった。武智鉄二は次の12の様式に分類した。すなわち,(1)坂田藤十郎を頂点とする元禄歌舞伎,(2)市川団十郎を中心とした荒事,(3)義太夫節と操り芝居とから派生した歌舞伎,(4)義太夫狂言(丸本物)の影響から直接に生まれた歌舞伎,(5)豊後節系統の演劇,(6)義太夫狂言を写実化したもの,(7)南北を頂点とする市井写実劇,(8)能の様式を模倣した作品,(9)黙阿弥の新音楽劇,(10)団十郎の活歴,(11)狂言の影響を受けた舞踊劇,(12)2世左団次による外国演劇の影響を受けた新歌舞伎劇,の12種である。…

※「武智鉄二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

武智鉄二の関連キーワード岡倉士朗内海重典佐々木孝丸菅原卓高木史朗中村俊一中村哮夫八田元夫鈴木裕美森新太郎(2)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

武智鉄二の関連情報