コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴻雪爪 おおとり せっそう

美術人名辞典の解説

鴻雪爪

禅僧・宗教家備後生。姓宮地氏、字は清拙、別号に鉄面・江湖翁。維新の際松平春嶽、横井小楠由利公正等と交り、山内容堂、飯島閑叟、木戸孝允、大久保甲東らと共に皇事に奔走する。のち還俗を申しつけられ、教部省御用掛・東京金比羅神社祠官等を経て神仏大教院長・御嶽教管長となる。詩文をよくし、書籍にも通じた。明治37年(1904)歿、91才。

鴻雪爪

禅僧、宗教家。備後生。姓宮地氏、字は清拙、別号に鉄面・江湖翁。維新の際松平春嶽、横井小楠、由利公正等と交り、山内容堂、飯島閑叟、木戸孝允、大久保甲東らと共に皇事に奔走する。のち還俗を申しつけられ、教部省御用掛・東京金比羅神社祠官等を経て神仏大教院長・御嶽教官長となる。詩文をよくし、書籍にも通じた。明治37年(1904)歿、91才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鴻雪爪 おおとり-せっそう

1814-1904 江戸後期-明治時代の宗教家。
文化11年1月1日生まれ。曹洞(そうとう)宗の僧となり,維新後,軽率な廃仏論をいましめ,肉食(にくじき)妻帯禁令の撤廃につとめる。明治4年還俗(げんぞく)し,教部省御用掛,東京芝金刀比羅(ことひら)神社の神職などをへて,神道御岳教管長となった。明治37年6月18日死去。91歳。備後(びんご)(広島県)出身。本姓は宮地。字(あざな)は清拙。別号に鉄面清拙。著作に「山高水長図記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鴻雪爪

没年:明治37.6.18(1904)
生年:文化11.1.1(1814.2.20)
幕末明治期の宗教家で御岳教の第2代管長。備後国(広島県)因島の生まれで,越前(福井県)孝顕寺,次いで井伊家の菩提所である彦根清涼寺の住職を勤め,鉄面清拙和尚と号した。維新後,宗教行政にかかわるなか,明治4(1871)年に還俗し神道家となる。翌年,教部省御用掛となり,中教正,東京金刀比羅神社祠官などを経て,明治12年に大教正。明治18年から37年まで,御岳教の第2代管長。<著作>『山高水長図記』『江湖翁遺藁』<参考文献>阪本健一『明治神道史の研究』

(井上順孝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

鴻雪爪の関連キーワード青蔭雪鴻明治時代鴻 雪年鴻雪年禅僧

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android