コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵜沢寿 うざわ ひさし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鵜沢寿 うざわ-ひさし

1908-1997 大正-平成時代の能楽師小鼓方。
明治41年8月9日生まれ。北村一郎に大倉流をまなび,大正10年「翁」脇鼓で初舞台。昭和57年人間国宝。平成9年3月30日死去。88歳。千葉県出身。愛宕商業卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の鵜沢寿の言及

【大倉流】より

…能楽協会に20名弱の役者が登録され,東京,大阪を中心に活躍している。流儀に重要無形文化財各個指定(人間国宝)の鵜沢寿がいる。この流儀は調緒(しらべお)(ことに横調べ)をゆるく掛け,打つ指を変えて音色を微妙に変化させる。…

※「鵜沢寿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鵜沢寿の関連キーワード[各個指定]芸能部門鵜沢 速雄

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android