大倉流(読み)おおくらりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大倉流
おおくらりゅう

(1) 能の小鼓方の流儀名。流祖は大倉権右衛門宣仍 (?~1603) 。現宗家は大倉源次郎 (1957~ ) で 14世。 (2) 能の大鼓方の流儀名。小鼓大倉流から分れたもの。現宗家は小方が兼務する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおくらりゅう【大倉流】

能楽囃子方の流儀の一つ。大鼓方と小鼓方の両方があり,祖を同じくする。両者は音楽上譜がほぼ完全に折りあうアシライ鼓の間柄である。(1)大鼓方 能楽協会に10名余の役者が登録され,大阪,名古屋,東京などで活躍している。地方ごとに少しずつ譜が異なり,古い手組(リズム・パターン)や掛声を残しているが,手組数が少なく音楽構造が比較的単純な点は共通している。高安流,宝生流(いわゆる宝生錬三郎派古称観世流),明治以後絶えた金春(こんぱる)流大鼓などとも音楽構造が近い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおくらりゅう【大倉流】

能楽の小鼓方こつづみかた流派の一。流祖は安土桃山時代の大蔵権右衛門道意。
大鼓方おおつづみかた流派の一。流祖は室町時代の金春禅竹の子、大蔵信喜道加。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大倉流の関連情報