コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴の子芋 ツルノコイモ

デジタル大辞泉プラスの解説

鶴の子芋

熊本県で生産されるサトイモ。子芋食用にする。肉質は硬く、粘り気があり、煮くずれしにくい。栽培の歴史は古く、阿蘇郡高森町の郷土料理「高森田楽」の食材に用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

つるのこいも【鶴の子芋】

サトイモの異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鶴の子芋 (ツルノコイモ)

植物。サトイモ科の多年草,園芸植物,薬用植物。サトイモの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鶴の子芋の関連キーワード熊本県異名

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android