鶴田松山(読み)つるだ しょうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴田松山 つるだ-しょうざん

1682*-1745 江戸時代中期の儒者。
天和(てんな)元年12月16日生まれ。鶴田省庵(せいあん)の長男。肥前佐賀藩家老,多久(たく)氏の家臣。京都でまなぶ。帰郷して父の跡をつぎ,郷校東原庠舎(とうげんしょうしゃ)の教授となった。延享2年1月15日死去。65歳。名は忠。通称は九郎太夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android