コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷲城 わしじょう

1件 の用語解説(鷲城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

わしじょう【鷲城】

栃木県小山市にあった中世の平城(ひらじろ)。下野守護にも任じられたことのある中世の同国最大の豪族小山氏の城で、思川東岸の河岸段丘を利用して築かれていた。同市内の中久喜城跡、小山城(祇園城)跡とともに国指定史跡となっている。築城年代、築城者はわかっていないが、小山義政が1372年(応安5/文中1)、武蔵国太田荘の鷲宮を修築して、この祀神を本城に勧進して、鷲城と名づけたとする記録がある。1380年(康暦2)から1383年(永徳2)にかけて起こった小山義政の乱では、小山城(祇園城)を居城としていた義政は、長年対立関係にあった宇都宮氏鎌倉公方足利氏満の軍勢と戦ったが、のちに小山城より堅固な鷲城に拠点を移して抵抗した。義政はその後降伏して、小山城(祇園城)へと移ったが、1382年(永徳2/弘和2)に再び反抗する。このため、鎌倉公方方に攻められ自刃、嫡子の若犬丸も奥州に逃れたが会津で自害して小山宗家は滅亡した。その後、小山氏の名跡は結城泰朝が継いだが、泰朝は本城を鷲城から小山城へと移した。現在、本丸跡には鷲神社があり、土塁、堀の痕跡が残っている。そのほかの外城は宅地化されてしまっている。JR東北本線小山駅からバスで小山車庫下車、徒歩約10分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鷲城の関連キーワード思川平城白鴎大学今治城寺野東遺跡壬生通りバル小山小山荘小山市民病院添野覚平

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone