コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷲宮催馬楽(さいばら)神楽

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鷲宮催馬楽神楽
わしのみやさいばらかぐら

埼玉県久喜(くき)市鷲宮(わしのみや)の鷲宮神社に伝わる一社相伝の神楽。正しくは「土師(はじ)一流催馬楽神楽」といい、関東の江戸神楽の源流とされる。起源は不明だが、江戸中期の1708年(宝永5)に12座神楽執行の記録がある。鷲宮独特の神楽歌や平安時代に流行した催馬楽を歌うのが特色で、江戸神楽のような演劇的な構成はなく、舞を中心とする。曲目は神事舞的な素面の舞三曲と、舞を本体とする仮面の舞九曲の12曲あり、ほかに「天津国津狐(あまつくにつきつね)の舞(山の神の舞、天狐(てんこ)の舞)」がある。4月10日の春季祭と10月10日の秋季祭には12座の神楽全曲が境内の神楽殿で舞われる。国指定重要無形民俗文化財。[渡辺伸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鷲宮催馬楽(さいばら)神楽の関連キーワード埼玉県久喜市江戸神楽埼玉県鷲宮

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android