コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷲尾隆聚 わしのお たかつむ

2件 の用語解説(鷲尾隆聚の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鷲尾隆聚 わしのお-たかつむ

1843*-1912 幕末-明治時代の公家,華族。
天保(てんぽう)13年12月25日生まれ。鷲尾隆賢(たかます)の次男。慶応3年高野山で倒幕の兵をあげ,4年錦旗(きんき)をさずけられた。戊辰(ぼしん)戦争では東征大総督府参謀,奥羽追討白河口総督として東北各地を転戦。明治2年陸軍少将。のち五条県知事,愛知県令,元老院議官などをつとめる。伯爵。明治45年3月4日死去。71歳。名は「たかあつ」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鷲尾隆聚

没年:明治45.3.4(1912)
生年:天保13.12.25(1843.1.25)
幕末明治期の公家,華族。父は鷲尾隆賢,母は高倉永雅の娘。慶応3(1867)年4月,英国公使の伏見通過を弾劾して親幕派廷臣の罷免を求め,幕府の反発を受けて差控となる。王政復古の政変前日赦免され,朝命を奉じて高野山に挙兵,鳥羽・伏見の戦が始まり大坂に進軍。明治1(1868)年1月参与,奥州鎮定に当たっては奥羽追討総督,東征大総督府参謀として会津を征し,さらに奥羽追討白河口総督に任命される。のち陸軍少将となり,五条県知事,元老院議官などを歴任。同10年3月五条為栄らと報国社を結成,西郷隆盛と面会して西南戦争を終わらせようと画策し拘引される。17年伯爵。

(保延有美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鷲尾隆聚の関連キーワード鷲尾隆量鷲尾隆建鷲尾隆長鷲尾隆康鷲尾隆尚鷲尾隆尹公家華族鷲尾隆敦鷲尾隆右鷲尾隆良

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone