コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷹司冬平 たかつかさ ふゆひら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鷹司冬平 たかつかさ-ふゆひら

1275-1327 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
建治(けんじ)元年生まれ。鷹司基忠の子。正安(しょうあん)3年従一位。延慶4年,正和(しょうわ)4年,正中(しょうちゅう)元年と三たび関白となる。和歌は「新後撰和歌集」などにのせられている。後照念院関白とよばれる。嘉暦(かりゃく)2年1月19日死去。53歳。著作に「後照念院殿装束抄」,日記に「冬平公記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鷹司冬平

没年:嘉暦2.1.19(1327.2.11)
生年:建治1(1275)
鎌倉末期の公卿。父は関白鷹司基忠。母は権中納言近衛経平の娘。弘安7(1284)年叙爵乾元1(1302)年に左大臣,延慶1(1308)年に摂政,氏長者。以後みたび摂関の地位に昇る。後称念院摂政と称す。日記があるが大半は散逸した。

(本郷和人)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

鷹司冬平の関連キーワード鷹司冬教鷹司師平鎌倉時代没年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android