コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷹司師平 たかつかさ もろひら

2件 の用語解説(鷹司師平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鷹司師平 たかつかさ-もろひら

1310-1353 鎌倉-南北朝時代の公卿(くぎょう)。
延慶(えんきょう)3年生まれ。鷹司冬平の子。鷹司冬教(ふゆのり)の養子。康永元=興国3年関白となった。康永3=興国5年従一位。昭光院前関白とよばれる。文和(ぶんな)2=正平(しょうへい)8年8月6日死去。44歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鷹司師平

没年:文和2/正平8.8.5(1353.9.3)
生年:延慶3(1310)
鎌倉末期・南北朝時代の公卿。昭光院関白と号す。摂関家のひとつ鷹司家第6代,実父は関白冬平であるが,叔父で冬平の後嗣となった冬教の養子として家を継いだ。母は左中将近衛兼良の娘あるいは中将長平の娘といわれている。正中2(1325)年叙爵,嘉暦2(1327)年従三位,翌年権中納言に任ぜられてから順調に累進し,南北朝時代には北朝にとどまり,暦応2/延元4(1339)年右大臣に,康永1/興国3(1342)年には関白・氏長者となり,翌々年には位も従一位となった。貞和2/正平1(1346)年に関白を辞任,以後は中風の病になやみ,亡くなる前日に京都・栂尾高山寺の慈弁を戒師として出家,法名を禅理と号した。

(飯倉晴武)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鷹司師平の関連キーワード世尊寺伊俊三房向阿富樫一条経通近衛基平鷹司房平鷹司冬教鷹司冬平鷹司冬通

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone