コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿の子草/纈草 カノコソウ

2件 の用語解説(鹿の子草/纈草の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かのこ‐そう〔‐サウ〕【鹿の子草/×纈草】

オミナエシ科の多年草。やや湿った草地に生え、高さ30~80センチ。羽状に切れ込みのある葉を対生。晩春、淡紅色の小花を多数つけ、つぼみのある様子が鹿の子絞りに似る。漢方で根を吉草根(きっそうこん)・纈草根(けっそうこん)とよんで薬用とする。はるおみなえし。 春》「―こたびも手術寧(やす)からむ/波郷

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かのこそう【鹿の子草】

オミナエシ科の多年草。湿地に自生。高さ約50センチメートル。葉は対生し、羽状複葉。春、茎先に淡紅色の小花を多数つける。根茎を乾かしたものを纈草根けつそうこんまたは吉草根きつそうこんといい、ヒステリー、神経過敏症に薬用とする。ハルオミナエシ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone