鹿児島黒牛

  • かごしまくろうし
  • 畜産

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

九州・沖縄地方、鹿児島県の地域ブランド。
鹿児島県産の黒毛和種牛の肉。明治時代には畜産試験場が設立されて研究が始められ、羽島牛・加世田牛・種子島牛などの牛に度重なる改良の後に誕生した。きめ細かくやわらかい肉質で、霜降り肉には旨味が凝縮されている。鹿児島県の黒毛和種生産量は全国一。2007(平成19)年8月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5071245号。地域団体商標の権利者は、鹿児島県経済農業協同組合連合会。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android