黒毛和種(読み)くろげわしゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒毛和種
くろげわしゅ

和牛の大部分を占める兼用種中国地方および九州地方に特に多く飼育されている。黒毛であるが,毛先はやや褐色を帯びている。性質は温順,調教が容易で,使役に適しているが,近年,肉利用に重点がおかれて改良が進められた。肉質は他の品種に比べて断然すぐれており,すき焼肉としては世界的に定評がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

くろげわしゅ【黒毛和種】

日本の在来種に外国種を交配させてつくりだされた小型の黒毛の和牛。もとは農耕用と肉用の兼用種だったが、第二次大戦後は良質の肉用として改良されてきた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くろげ‐わしゅ【黒毛和種】

〘名〙 和牛の一品種。在来牛にブラウン‐スイス、ショートホーンデボンなどを交配して成立した、有角・黒色のウシ。戦前は役肉兼用種として利用されたが、近年は肉用種として改良。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の黒毛和種の言及

【ウシ(牛)】より

…耳が大きく垂れ,頸垂も大きい。(7)黒毛和種(イラスト)日本の在来牛をブラウン・スイス種やデボン種で改良した黒色のウシ。体重450~750kg。…

【和牛】より

…見島牛は黒色の小型の牛で,体型は前軀(ぜんく)が勝っていて性質は温順,もっぱら農耕,駄載に利用されている。全国で約140万頭飼われている和牛の90%近くを占める黒毛(くろげ)和種は,この見島牛に類する日本在来種に,明治末期にヨーロッパから輸入されたブラウン・スイス種(兵庫,鳥取),ショートホーン種(広島),デボン種(島根)などを交配し,体格の向上,早熟性,早肥性の改良を図ったものである。毛色は褐色をおびた黒色で,体下部や四肢の内側はやや淡色。…

※「黒毛和種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒毛和種の関連情報